【カミーノ28】洗礼

カミーノブログ レオン サンティアゴ巡礼

<カミーノ28日目>

母子でカミーノウォーク!
娘ちゃんのリュックにも、可愛らしい小さなホタテ貝がぶら下がっていました。




ちょっぴりお高めアルベルゲ(といっても15ユーロだけどw)の屋根裏4ベッドルームにお客は私一人。
いつもとは勝手の違う真っ白シーツのシングルベッド!
安眠は約束されたようなもの・・・だったずなのに!?

 

昨夜の出来事は後述するとして。


カミーノマップ 公式 地図

今日のルートを改めて確認すると、
CALZADILLA de los Hermanillosを出たら次の村まで18km、地獄ロード再来を予感させる何もない道が待っています。
売店もバルもない、果てしの無い道。
事前の水の確保は必須です。

 

CALZADILLA de los Hermanillos map

滞在したアルベルゲVia Trajanaは村の入り口。(10番)
水を買うべく早朝宿をチェックアウトし、メイン通りを順路に沿ってキョロキョロしながら歩いたのですが、
売店らしきものは一つも見当たりません。
気付いたら村の出口に差し掛かろうとしています。

 

地獄ロードを控えた今日に限って雲ひとつない快晴。
それでなくても飲料水のないまま18kmを歩くのは危険すぎる。
元来た道を引き返し、脇道に入りながら売店を探してみるのですが一向に見つけられず、
村の入り口の、滞在したアルベルゲまで戻ってきてしまいました。
観念して宿でペットボトルを2本購入。(ここで買うとお水も高いのよ!)
結局振り出しに戻り、今日も無駄に出遅れたスタート。


カミーノブログ レオンへの道 サンティアゴ巡礼

休憩ポイントのない長い長い18kmの道を、いざ出発!
気合いを入れ直して歩きます。
今日は、精神的に参った先日の17kmの地獄ロードより過酷かもしれない。
なぜなら今回は、10kgほどもある背中の荷物も一緒ですから!

 

カミーノブログ レオンへの道 サンティアゴ巡礼

昨日と今日のお天気が逆だったら良かったのに。

 

カミーノブログ レオンへの道 サンティアゴ巡礼


カミーノブログ レオンへの道 サンティアゴ巡礼

風もなく木陰もなく、日差しは容赦なく赤土の道を照らし、
熱気がまとわりつくような激しい暑さに吹き出す汗が止まりません。

 

カミーノブログ レオンへの道 サンティアゴ巡礼

真っ青な空に一粒の明けの月。

 

カミーノブログ レオンへの道 サンティアゴ巡礼


カミーノブログ レオンへの道 サンティアゴ巡礼

命の終わりにパッと散る、線香花火みたいなお花。

 

カミーノブログ レオンへの道 サンティアゴ巡礼

代わり映えのない乾いた景色にささやかな変化を見つけると、
ふっと気持ちが和み、思わずカメラを向けてしまいます。




カミーノブログ レオンへの道 サンティアゴ巡礼

村を出てから数時間歩いたところで突如現れた線路。

 

カミーノブログ レオンへの道 サンティアゴ巡礼

その脇のホモンに立てかけられているのは・・・

車のシート!?
なぜこんなところに?

まああまり深くは考えず、せっかくだから腰かけて休憩させてもらうことにしました。
(なかなかシュールな絵面だったと思う)


ところで。

 

長い道中、いつもとは違う異変を体に感じながら歩いていました。

バックパックの密着した背中が汗で蒸れているのか、異常に痒い。
確かに今日は体力を容赦なく奪う猛暑だけど、あせもができるほど、いつも以上に大量の汗をかいていたのだろうか。

 

痒い、
痒いよ〜〜〜!!!

 

一説によると、人は痛みへの耐性はあるけれど、痒みには我慢し難いほどの苦痛を感じるそうで。
(程度にもよるでしょうけど)
掻いてしまえばさらに痒みが増すことは分かっていても、ついつい背中に手が伸びてしまうのを止めることができません。




昨日、決断を迫られた運命の分かれ道でGOOD WAYを選び、
青空と赤土に挟まれた、ただただ何もない広大な平野を歩いてきて、
それもようやく終わりが近づいてきたようです。

 

カミーノマップ 公式 地図

緑の点々を辿り続けると24km先の本日の目的地MANSILLAに到達するのですが、
朝から何一つ口にしていないまま最後まで歩くのはしんどいし、
何よりバルのブランチ休憩は、カミーノデイズの一日の大きな楽しみの一つ。

バルを求めてRELIEGOSの村を目指すべく、
道を逸れてオレンジ点々の国道ノーマルルートへ戻ります。

 

カミーノブログ レオンへの道 サンティアゴ巡礼


カミーノブログ レオンへの道 サンティアゴ巡礼

集落が現れるとホッとする。

目標とする対象物が目に見えるというのは、それがどんなに遠くても歩くモチベーションを与えてくれるものなのです。

 

最後の力を振り絞って、


カミーノブログ レオンへの道 バル

RELIEGOSのバルになだれ込み、バックパックを下ろしてドカッと椅子に腰をかけ、
掻きむしった背中をクールダウンしつつ本日初の食料を摂取します。

喉が乾きすぎて、体がシュワシュワのコーラを欲していた!


実は、今朝もHermanillosの村で見かけたのですが、
ログローニョから幾度となく姿を目にし、半ば顔見知りの背の高い男性二人組とこのバルでも鉢合わせ!
今更ながら初めて声を掛けてみました。
クールな雰囲気の二人なのであまり話は弾まなかったのですが、ログローニョから今日で早二週間。
ことごとくペースもルートも同じで、縁のある私たちのようです。


カミーノブログ レオンへの道 サンティアゴ巡礼

バルでしっかり休息を取ってから、
ゴールまで残るは6km。

 

カミーノブログ レオンへの道 サンティアゴ巡礼

国道の脇道をノンストップで歩き切り、本日の目的地、MANSILLA de las MULASに到着!
二度めの地獄ロードもなんとか乗り越えました。


アルベルゲにチェックインし、
シャワーと洗濯を済ませてパブリックキッチンのテーブルでくつろいでいると、
居合わせた巡礼者に声をかけられました。

 

「あなた、背中がすごいことになっているわよ!」

 

「え?」

 

「ベッドバグかしら。ひどい虫刺され。」

 

痒さの原因は、虫?
あせもではなかった?

背中の状況が知りたくて、スマホを託して背後から写メを撮ってもらうと、

 

カミーノ 南京虫 被害

ヒ・・・ヒィーーーーー!!!
(お見苦しい画像をすみません!サイズを小さくしてみました。)

これは確かにひどい!
背中に、肩に、おびただしい数の刺され痕。

もしかして、これって噂の、

 

南京虫!?!?

 

※南京虫とは
別名トコジラミ、英名はBed Bug。
体長5-8mmほどで、ダニやノミとは違い明らかに視覚で確認可能。
光が苦手で日中はベッドや衣類などの隙間に潜伏し、夜になると動き出して人間やペット、家畜の皮膚を刺し吸血する。
南京虫に刺されると時には眠れないほどの強烈な痒みに襲われ、1〜2週間ほど斑点と痒みが残り続ける。

らしい。

 

世界中から旅人が訪れ、毎年多くの人々が歩くカミーノ。
日々巡礼者が出入りするアルベルゲにバックパックを伝って持ち運ばれるのは容易で、宿側も完全に防ぐことは難しく、
アルベルゲで南京虫の被害に逢う巡礼者も少なくはない、とは事前に調査済みでした。

だけど、自分には関係ないことだと思い込んでいたのですよ。
私が南京虫になんて刺されるわけがないって!

世界中を旅してきて、
アジアでもアフリカでも南米でも、薄汚い安宿に泊まった時も、
幸運にも南京虫とは無縁の旅ライフを送ってきた私。
(たまに変な虫刺されに悩まされたことはあったけど、南京虫ではなかった・・・はず!)
だって南京虫の姿すら見たことがないし、ましてやその症状がどんなものか想像も付かないくらいで。
そんな私が、まさか、よりにもよってヨーロッパで、
スペインで!

 

人生初の南京虫にやられてしまった!?

 

そういえば昨夜。

綺麗で清潔でレストランの料理は美味しくて!総じて評価の高かったアルベルゲ。
4ベッドのドミトリーを私一人で占領し、
寝袋を取り出す必要のないふかふかシングルベッドで心地よく眠りについたはずだったのですが、
深夜、ポツポツと増える皮膚の痒みに何度も目を覚ましていたのです。
蚊がいるのかと思って電気を付けてみると、真っ白いベッドのシーツに小さくうごめく黒い物体。

 

蟻!?

 

慌てて隣のベッドに移ったものの痒みは収まらず、
誰にも邪魔されない個室気分で安眠を勝ち取ったはずだったのに、
安眠はおろかろくに寝付けなかったという、そんな昨夜の出来事。

でもまさか、
あのアリンコのような小さな物体が南京虫だったのかな。
若干寝ぼけていたからそのフォルムをよくは覚えていないのだけど。
なんせ南京虫の現物を見たことがないものだから判断が付かなくて。


写メで自分の背中の惨状を見てしまったものだからさらに痒みが増した気がして、
ついつい掻く手が伸びてしまいます。
そんな私を制し、そこに居合わせた巡礼者が痒み止めクリームを荷物から取り出して背中に塗ってくれたり、
また別の女性がタブレットを飲ませてくれたりと、みんな本当に優しい!

膝を壊した時もそうだけど、ピンチに陥ると必ず手を差し伸べてくれる人たちが現れて、
無償の優しさに触れるたびに心が温かい感動で満たされるのです。

 

ああ、それにしても。
この強烈極まりないにっくき痒さ。
ついにカミーノの洗礼を受けてしまったということか。
旅歴ン年の私がまさか、ここにきて初めて南京虫(?)の被害に遭うことになろうとは。

 

自分の荷物に潜んでいたらと思うとゾッとして、
急いでバックパックの中身を全部出し、
このピカピカお天気を逃すまいと干せるものは全部中庭の洗濯紐に吊るして天日干し。


それから街へ繰り出して、薬局で塗り薬と抗ヒスタミン剤のタブレットを買って。


カミーノブログ レオンへの道 食事 ご飯

ふぅ、ようやくあり付けたご飯とビール!


旅も折り返したところで待ち受けていたカミーノの洗礼。

ところが、

 

これは、悲劇のほんのはじまりに過ぎなかったのです。


■カミーノ28日目
2017/6/14 (水)
CALZADILLA de los Hermanillos – MANSILLA de las MULAS <24km>
アルベルゲ / Gaia ドミ5ユーロ Wifi ◎

 

<検索キーワード>
バックパッカー,世界一周,カミーノブログ,南京虫の大きさ,南京虫の症状,南京虫対策,カミーノのベッド,宿,スペイン

結構マメに更新してます!リアルタイムはInstagramでチェック!Follow Me♪
Instagram @uca0319要チェック!

▼世界一周バナーポチッで、ランキングUP応援よろしくお願いしますm(_ _)m▼

にほんブログ村 世界一周ランキングに参加しています。
1日1回のCLICKが順位に反映される仕組みです。
応援よろしくお願いします!

クリックしてから表示が切り替わって、はじめてワンカウントとなるそうです!
ちょっぴり時間がかかるFBのイイネ気分で、クリックしていただけると嬉しいです♪